新入社員入社1年目の軌跡 入社1年振り返ってどうだった?(後編)

  1. ラティスについて

こんにちは。人事のきういです。
今回は入社2年目社員の振り返りインタビュー後編です。
1年間振り返って、これからどんなことをやりたいのか?3人に語ってもらいました!

インタビュー前編はこちら

1年目の行動を振り返って

ー1年間の間に、チームメンバーや上司からどのようなフィードバックを受けましたか?
T:考課面談で上司と話していて、1年目で自発的に動くことが少ないと感じたので、2年目はもう少し意識して積極的に行動していきたいなと思いました。自分で振り返ってみても、与えられた仕事をやるだけという場面も少なくなかったので。
ー右も左もわからないけど、自発的に動くって難しいと思いますけど、どうやったらよかったなと考えていますか?
T:動くというか、自分の意見は持ってるだけじゃだめなので、もっと発言していけばよかったなと思っています。もともと得意ではないので、意識して改善していきたいです。
A:わたしはコミュニケーションの部分は褒めてもらえて、話しやすいと言っていただいたんですが、反面で自分の意見やアイディアを提案する段階までは至ってなかったな、と。「新人らしくどんどんアイディア出していいんだよ!」と言われました。せっかくコミュニケーションできてるし、話しやすいと言ってもらえたので、そこを自信にしてもうちょっとできるようになりたいです。
Y:きちんとできたところは評価してもらったので引き続きがんばりたいです。積極性が足りないというか、もうちょっと積極的にコミュニケーションを取ることはこれからがんばっていきたいです。
ー2年目からはもう少しガツガツ動かれること、期待しています!

オンオフの切り替えで気をつけていることは?

ー仕事とプライベートのバランスを保つために心掛けていることはありますか?その方法は何ですか?
T:正直意識してやっていることはないですね……でもテレワークだしデスクワークだし、時間があるときは外に出てリフレッシュしたいと思っています。テレワークだと下手すると1日出ないこともあるので。
ー去年はボルダリング楽しいってお話してましたけど、それからどうですか?
T:最近はシンプルに筋トレとランニングですね。暖かくなってくるとランニングしやすいし、外に出ると精神的にリフレッシュできますね。
A:割と平日って時間ないな~と思うので、フレックスタイム制を利用して、朝早く行って早く帰って、平日に時間を作ってバランスをとるようにしています。目標は7時半出社なんですけど、最近は8時頃になっています。そうすると17時くらいに退社できまるので、家でゆっくりしたり、ハマっているパズルをやったりしています。
Y:仕事中に集中して効率よくやって、定時で終われるように心がけています。
ー集中するための必須アイテムはありますか?
Y:うーん……キーボードですかね。背の高い、使い慣れたものが使いやすいです。

目線が変わったこと、これからの目標は?

ー1年間の間に、自分のキャリアでの目標や興味関心が変化した点はありますか?
T:これまでと変わらないですが、さらにプラスして、営業や企画の方と話すと開発にいるだけだと見えない視点があったり意見をいただけたりするので、そのあたりを徐々に考えられるようになりたいと思っています。
A:Tさんに近いですが、うちの製品をフルに理解して今後良くするためにはユーザーの業務理解が大事だと思うので、CAD知識を身につけたり勉強したりしています。
ーちょっと目線が変わったな、というところでしょうか?
A:そうですね。お客さんがどういうふうに使いたいか?とか、だからこういう機能が必要かな、とかこれはお客さんにとって分かりづらいんじゃないかなとか、ユーザー側の視点で見えるようになってくるといいなと思っています。Y:作っているソフトウェアの先にいるユーザーを意識しないといけない、ということにこの1年間で気づきました。自分のもともと持っているスキルだとまだまだ先があって、もっと伸ばさないとな、と感じています。

ー今後のキャリアで目指す方向性や目標について教えてください。
T:入社当初からの目標ですが、形状技術に関する知識をつけていきたいです。そこからさらにプログラミングを学びつつ、それを使って大学での学びを組み込んでいきたいです。形状技術に関しては学術研究に触れられたので目指す方向性に近い経験ができた1年でした。
A:最近の興味の話と重なりますが、UI・UXとか、ユーザーの視点を持っていきたい。それが使いやすい製品に繋がるので。
ーラティスの製品って機能がたくさんあるから使いやすいっていうわけではないんですか?
A:もしわたしが製造業の人でも使う機能使わない機能があると思っています。XVL Studioのいいところはカスタマイズができるところで、ユーザーさんはそこを重視しているみたいなんですよね。そのあたりを考慮して開発していかないといけないなと思います。
Y:もっと自分のスキルを高めてスペシャリストを目指したいです。もっといろいろできることを増やしたり、できる量を増やしたい。今のところはパフォーマンス向上や高速化をやっているので、そこの分野に特化できたらなと思っています。

1年間様々なことを経験して、さらなる目標を定めた3人。今後の成長と活躍がますます楽しみです!

2015年中途入社。経理総務をやっているうちに、人に関わる仕事がしたいと思い人事になりました。
1歳男の子のやんちゃっぷりに手を焼きながら「働きやすい会社」ってなんだろうと考える日々です。

記事一覧

関連記事

ラティスの「改善活動」

先日「特許」というInnovationに近いことをご紹介させて頂きましたが、ラティス・テクノロジーでは同じくらい日々のImproveも大事なことだと捉えています。日々…